通常、住宅ローンを組む際には万が一の時に融資する側が損害を被ることがないように、抵当権を設定することがほとんどです。しかし、抵当権はローンを完済すれば自動に解除されるものではありません。抵当権抹消のための手続きをすることで、初めて解除することが出来るのです。

もちろん、抵当権抹消をしていないからと言ってローンを完済していないという認識になる訳ではありませんが、この権利が残ったままの状態で放置しておくと、その不動産を売却できなくなったり、新たな融資を受けられなくなるという弊害もありますので、できる事なら抵当権抹消は出来るようになった段階ですぐにしておくことをお勧めします。

抵当権抹消の手続きは、自分でやろうと思えばできないこともないのですが、面倒な手続きが必要になりますし、有効期限も3か月以内となっていますので、気が付いた段階で期限が迫っている状況などではなかなか難しいと思います。金融機関も詳しくは教えてくれませんので、気が付かないまま期限切れといった事もあります。

そういった場合は、専門家へ手続き代行の申し込みをするのが手っ取り早いです。もちろんお金は必要ですがかかる手間を考えてもそちらの方が確実でしょう。