Posted in 2016年4月6日 12:00 AM ()

学生だからこそ、留学をしよう!

夏休みの長期休暇、今から何をしようか考えている学生の方もいらっしゃるのではないでしょうか。
どうせなら有意義に過ごしたい、学生の今だからこそできることをやってみたい。
そのように考えているのであれば、ぜひ”留学”がおすすめです!

社会人になるとまとまった休みを取ることが難しくなります。
だからこそ学生で時間のある時に留学をしておけば社会経験ができるだけでなく、若いうちから世界の大きさや文化に触れることができることでグローバルな視野を手に入れることができるでしょう。
大人になって「あの時やっておけばよかった」と後悔しないためにも、やりたいと思ったことにはどんどん挑戦してみませんか?

私がご紹介するのは、『ジュニア留学ネット』というサイトの”サマースクール”と”サマーキャンプ”です。
それぞれに特徴があるので、まとめてみました。

●サマースクール

一週間という短期間から参加できるだけでなく、受講に際しては特別な資格や語学力も求められません。
誰でも参加することができるということもあって、より気軽に留学を体感することができます。

●サマーキャンプ

ローカルの子ども向けに開催されるもので、参加者のほとんどがネイティブスピーカー。
自分の英語力を試したい方にピッタリです。

お問い合わせや資料請求、予約はすべて公式ホームページから行えます。
サマーキャンプのジュニア留学ネット はこちらからアクセスして内容をご覧ください。

Posted in 2014年3月5日 12:00 AM ()

抵当権抹消を自分でするか専門家に頼むか

通常、住宅ローンを組む際には万が一の時に融資する側が損害を被ることがないように、抵当権を設定することがほとんどです。しかし、抵当権はローンを完済すれば自動に解除されるものではありません。抵当権抹消のための手続きをすることで、初めて解除することが出来るのです。

もちろん、抵当権抹消をしていないからと言ってローンを完済していないという認識になる訳ではありませんが、この権利が残ったままの状態で放置しておくと、その不動産を売却できなくなったり、新たな融資を受けられなくなるという弊害もありますので、できる事なら抵当権抹消は出来るようになった段階ですぐにしておくことをお勧めします。

抵当権抹消の手続きは、自分でやろうと思えばできないこともないのですが、面倒な手続きが必要になりますし、有効期限も3か月以内となっていますので、気が付いた段階で期限が迫っている状況などではなかなか難しいと思います。金融機関も詳しくは教えてくれませんので、気が付かないまま期限切れといった事もあります。

そういった場合は、専門家へ手続き代行の申し込みをするのが手っ取り早いです。もちろんお金は必要ですがかかる手間を考えてもそちらの方が確実でしょう。